新潟の国上寺|特定商取引法に基づく表記

site_description_img_001.gif

越後最古の名刹 くがみ山 国上寺越後最古の名刹 くがみ山 国上寺

新潟県燕市国上の国上寺へのお問い合わせ新潟県燕市国上の国上寺へのお問い合わせ

ガン封じ御祈祷について

国上寺の御祈祷とは、現在御護摩祈祷を厳修しております。
戦国武将の上杉謙信公も当寺に御来寺され、御護摩祈祷を受けられました。

当寺の御護摩とは、千手観音さま、お不動さまを本尊としてその前に壇を設け、
護摩木という特別な薪をたいて、諸々の願いを成就する事を祈る真言密教の修法です。
護摩の炎はお不動さまの智慧を象徴し薪は煩悩を表しています。

護摩の祈祷を通じて、むさぼり、いかり、おろかさという心の迷いを
千手観音さまとお不動さまの智慧の炎で焼き尽くし、
願望を清め、速やかに成就するよう祈念いたします。

『がん封じ』とは、悪性腫瘍とされる様々な「がん」という病気を封じることです。
封じるとは封じ込めるということで、癌にならない様に、治るようにすることで、そのご祈祷を「がん封じ御祈祷」といいます。
 病気というものは世間ではよくあることですが、まさか自分や家族は大丈夫だろうと、漠然と思っています。しかし、誰もが体を有している以上、いつ・誰が病気に罹っても不思議ではありません。しかも突然がんと宣告されても、信じれないし信じたくありませんね。
 病院での治療を受けていきながらも、ご不安な気持ちは中々消えるものではありませんが、ご家族やご友人の支えをとても有難く感じるものです。
 病気を治していく健康になっていくには、その不安を和げて、心穏やかに毎日を過ごすことが、何よりも大切なことです。
「病は気から」
病気に罹るのも、病気が治るのも、「気」からです。
この度、当サイトをご覧になられご縁をいただかれる皆さまも、ご自身の為、ご家族の為、大切な方の為の御祈祷をご案内申し上げます。
がん封じ祈祷には、細かくは四つの祈祷内容に分かれますが、一度のご祈祷で重複してお申込みいただけます。

【がん封じ御祈祷】
今は健康だが、これから先もガンにならないように祈るご祈祷

【がん平癒御祈祷】
ガンと診断され、治癒回復を祈るご祈祷。

【手術成功術後回復御祈祷】
これからの手術の成功と術後の回復を祈るご祈祷

【再発転移防止御祈祷】
ガンの再発と転移防止を祈るご祈祷
このようながん封じのご祈祷修行を受けられるご祈願者様は、安心して心豊かに穏やかな毎日を過ごされています。

家族や友人知人がガンになり、自分はガンにならない様に願う方
持病はあるが、ガンにはなりたくない方
検診などで再検査といわれ、不安の時間をすごしている方
健康には十分気をつけているが、安心して過ごしたい方
   ⇒ がん封じ御祈祷 

自分がガンと分かり治癒を願う方
家族や友人知人がガンと分かり治癒を願う方
現在ガンの治療中で、治療の奏功と治癒を願う方
   ⇒ がん平癒御祈祷

今後行う手術の成功を願う方
手術後の順調な回復を願う方
   ⇒ 手術成功術後回復御祈祷

治療は終り今後の再発や転移防止を願う方
治療中での転移防止を願う方
   ⇒ 再発転移防止御祈祷




ガン封じ御祈祷料 3万円・5万円


ご遠方の方、入院中の方などでご参拝の難しい方は、メールやFAXでお申込みいただける、「郵送祈祷」もうけつけしております。
ご本人様のご住所、お名前、生年月日、お願い事(病気平癒の場合は、病名、病状など)、お札の送付先と氏名、ご連絡先電話番号を、FAXかメールにてご連絡ください。




    ◇送り先〒959-0136 新潟県燕市国上1407
                    国上寺
            ご不明な点は直接お問い合わせください。
                  TEL 0256 (97) 3758
                  FAX 0256 (98) 2626
        (受付時間 毎日午前9時~午後5時まで にお願いします。)

ご祈願・厄除けについて

厄除(やくよけ)/家内安全/ 商売繁盛/災難除/ 方位災難除/学業成就/ 心願成就/病気平癒/ 身体堅固/身上安全/開運/ 工事安全/職場安全/ 旅行安全/安産/金神除/ ボケ封じ祈願/ガン封じ祈願/ 御礼/交通安全

関連リンクLinkIcon

水子供養について

国内随一、水子供養のご参拝が多いお寺です。
ねんごろに供養をし、功徳を積み回向する事によって、より早い往生、成仏を願い、当寺でご供養をさせていただいております。

関連リンクLinkIcon

永代・永久供養墓について

「涅槃浄苑」では、既存仏教寺院としての救済を前提として発願。墓の守り手がいない方にも死後の平安を平等に受けられるように供養してまいります。

関連リンクLinkIcon