新潟の国上寺|沿革 ご祈願 厄除け 水子供養 永久供養墓 永代供養墓 お墓 合格祈願

越後最古の名刹 くがみ山 国上寺越後最古の名刹 くがみ山 国上寺

新潟県燕市国上の国上寺へのお問い合わせ新潟県燕市国上の国上寺へのお問い合わせ

国上寺の沿革

国上山の由来


国上山は、以前古志郡越の山という名所であり、雲高山もしくは雲上山と言われていました。飛鳥時代より蒲原郡に属し、聖徳太子がこの山に登って雲上記を書かれたとも伝わっています。また、その折に大悲千手観音の像を彫って、北海鎮護仏法最初の霊地と定めました。大悲千手の像は雲上、雲高にあることから「くがみ」と言われておりました。今「国上」と書くのは孝謙天皇が御宇にて「国中上一寺」と詔勅されたことが由来です。また、万葉集には久賀躬と書かれています。

当山の草創


元明天皇和銅2年(709)に越後一の宮弥彦大神の託宣(神様の言い伝え)により建立された、越後最古の古刹です。弥彦神社の本地として崇められ、代々別当寺として古記に分明されています。

格式としては、孝謙天皇より御宇にて正一位を賜り、北海鎮護仏法最初の霊場として信心のより所とされてきました。

御本尊について


御本尊は上品上生の阿弥陀如来であり、縁起等によれば、行基菩薩の御作婆羅門僧正の御開眼にして、聖武天皇の御后光明皇后により賜った霊仏であると伝えられています。現在は、子年(12年に1度)の開帳としています。

伽藍のご紹介

宗派について


開山当初は修験道でしたが、時代の権力者の庇護により改宗され、法相宗・天台宗・真言宗醍醐派と転じ、現在では真言宗豊山派に属しています。

国上寺1300年の歴史と伝説

平安時代と慈覚大師円仁


慈覚大師(794~868)は最澄の弟子で、唐に渡り修行をしました。天長6年(829年)から3年、東国巡礼の旅に出て、青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島で10を超える寺を開いて、教学を広めました。その頃国上寺にも立ち寄ったのでしょう。

慈覚大師が来山の折に広めたと伝えられているのが、「院宣(いんぜん)祭り」です。摩多羅天神の縁日の10月17日、旧国上(くがみ)村の秋祭りとして院宣祭りが行われていました。

院宣祭りとは、じじばばの面を被った男性が、木製の斧と鉞(まさかり)を持って本堂の欄干の周囲を回り、2周して正面に来たとき、集まった人たちがじじばばの斧と鉞を奪い取るのです。斧と鉞を奪い取った者は、この地区での有名人になるとともに、これらを玄関口に祀ると、その家は無病息災だと言われています。この奇祭も危険でけが人が出たこともあり、今では休止しています。

また慈覚大師が来山以来、国上寺には僧兵が組織されたようです。現在の方丈講堂の柱という柱には、小さな穴が多く残っており、これらは手裏剣を投げた跡だと言われています。柱を人に見立てて訓練したのでしょう。

このように、慈覚大師は院宣祭りと僧兵の文化を残して比叡山に戻られたそうです。

平安末期と源義経公


悲劇の武将、源義経公伝説が寺伝にあります。源平の戦の功労者でありながら、兄・頼朝に追われた義経公は、文治3年(1187年)、奈良の吉野山から岩手県の平泉へ逃れます。その途中に国上寺本堂に隠れていたとのこと。当時は山門の奥にある方丈講堂にて住職・役僧・修行僧が住んでいましたが、一般の参拝者は立ち入ることができなかったので、本堂に身を隠したようです。やがて義経公が隠れていることを頼朝に密告する者がいて、一行は寺を去り、弥彦へ向かいました。その折に義経公ご自作の大黒天木像を奉納されました。大黒天が背負っている福袋の背後には、

「治承 庚子年 正月朔日 源義経 華押」

と刻まれています。

戦国時代と上杉謙信公


当山の千手観音(客殿に安置)を信心された上杉謙信公により格別の配慮を賜りました。祈願所として十万石の格式を拝領し、七堂伽藍を建立されました。

当時の国上寺には21の坊があったそうで、うちの16坊は古絵図にも十六坊跡とあります。

往時には国上山山中に二十一ケ寺、県内外を含め百三十有余ケ寺の末寺を有し、常時千人以上の修行僧を置き御祈祷所として隆盛を極めました。

戦国時代と万元和尚


戦国時代、織田信長が延暦寺を焼き討ちしたように、当寺も何度か焼き討ちにあいました。万元和尚は大和国吉野郡の出身で、比叡山延暦寺で天台宗の修行を終え、26、27歳で諸国行脚に出て佐渡に渡ろうとしましたが海が荒れて断念し、旧知であった国上寺良長住職を訪ねておいでになりました。

そこで万元和尚が目にしたものは、無残にも荒れ果てた境内でした。本堂も焼け落ちていたそうです。見かねた万元和尚は「私に協力させてほしい」と願い出て、越後の隅から隅まで30年という年月をかけて托鉢しました。その間に住んでいたのが五合庵です。五合庵は良寛で有名となりましたが、初代住人は万元和尚なのです。

現在の本堂は4度目の再建で、万元和尚が托鉢した浄財を元に建設したものです。

万元和尚は新潟へ托鉢に向かう途中で病に倒れ、本堂の完成を見ることなく亡くなりました。没後、故人の遺志でお墓を五合庵脇に建立しました。

旧分水町石港の新信濃川右岸の「夕暮れの岡」に祠と万元和尚の歌碑があります。

「忘れずは 道行きぶりの 手向けをも ここを瀬にせよ 夕暮れの岡」 

万元和尚は国上寺の中興の祖といわれております。御本尊参拝の折はその遺徳をお偲びください。

江戸時代と良寛


18歳で出家してから尼瀬の光照寺、備中の円通寺で修行。円通寺の国仙和尚が亡くなってからは中国・四国・近畿地方を行脚し、大徳のあるところを訪ねて業を重ねました。

京都に滞在中の父親が桂川に身を投げて自殺した後、越後に帰ってきました。良寛38歳の時です。

越後に帰った良寛は、寺泊の照明寺、野積の西生寺・・・等々約10年間処定を定めずに居を移していたのです。

文化元年(1804年)47歳の時に当山内にある五合庵に定住することとなりました。それは即ち五合庵に住んでおられた国上寺の前住職義苗和尚が亡くなられたからです。思えば出家してから30年間、永い漂泊の旅からやっと安住の地を得てほっとしたのでしょう。



「いざここに 我が身は老いん 足びきの 国上の山の 松の下いほ」

と詠んでいます。



その後、乙子神社の草庵に10年住まわれ、さらに島崎の木村元右衛門の小舎に移り、天保2年正月、74歳で亡くなられました。墓は同村隆泉寺に建てられています。

良寛は越後に帰ってから、晩年島崎に移るまで、約30年国上にいたので、今日残っている多くの詩や歌や書は大部分が国上山に住まわれていた時代の作です。

現在五合庵は新潟教育委員会により県の文化財に指定され、永久に保存することとなっています。

ご祈願・厄除けについて

厄除(やくよけ)/家内安全/ 商売繁盛/災難除/ 方位災難除/学業成就/ 心願成就/病気平癒/ 身体堅固/身上安全/開運/ 工事安全/職場安全/ 旅行安全/安産/金神除/ ボケ封じ祈願/ガン封じ祈願/ 御礼/交通安全

関連リンクLinkIcon

水子供養について

国内随一、水子供養のご参拝が多いお寺です。
ねんごろに供養をし、功徳を積み回向する事によって、より早い往生、成仏を願い、当寺でご供養をさせていただいております。

関連リンクLinkIcon

永代・永久供養墓について

「涅槃浄苑」では、既存仏教寺院としての救済を前提として発願。墓の守り手がいない方にも死後の平安を平等に受けられるように供養してまいります。

関連リンクLinkIcon